×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Windows Battler XPの名の下に




画像クリックで視聴



youtube版 

FLASHBATTLE
Y-NRG SYSTEM

高鳴る鼓動をまだ覚えているか?  楽しむことを忘れていないか?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界はもはや、彼ら(バトラー)を必要とはしていなかった。
行き場を失った彼らは次第に孤立していき。反逆の牙をむけば制裁の名のもとに闇に葬られた。

そして、世界が彼らに与えた道は"エージェント"という名の操り人形。
プロフェッサー・マーチの考案の元、完成されたプロジェクト。
彼らを"エージェント"にすることで「世界のために必要な存在」へと変える。

"孤独"と"不要"に蝕まれた彼らにとって、"必要とされる"ということはあまりにも眩しかった。
たとえそれが、心を捨てることになろうとも・・・



そんな彼らの中にも例外がいた。
ひたすら腕を磨き、力をつけ、技を研ぎ澄ます。一人の人物。
"孤独"にも"不要"にも蝕まれず、「外れ者の刀鍛冶」の元で騒がしく暮らす男。

"鬼神"の名を持つこの男のもとに届いた、"死神"からのメッセージ。

          「たたかおう」

たったそれだけのメッセージ。"鬼神"を動かすにはそれだけで十分だったようだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FLASH BATTLE 激闘祭 FINAL 作品
読みは「ウィンドウズバトラー クロスプレイヤーのなのもとに」です。


構成をくみ上げたのは二年も前になる。
ひたすら武器と気持ちをぶつけあう作品というのは、非常に作り手としては苦行であり、憧れであった。
ずっと作りあぐねていて、作るのをあきらめかけていたけど、今回のイベントは、それを引っ張り出すだけの衝撃をうけた。

今までの自分の集大成を詰め込んだ作品として、バトルの型をただひたすら詰め込んだ。

あつくて、くさいかもしれない。だが
「それがいい」と思えるような気持ちがいいBattleFlashを作りたかった。



そして、自分はまだFLASH作りをやめるべきではない事を突き付けられてしまった(完成的な意味で;

詳細と拍手orコメント   TOPに戻る